丹後王国「食のみやこ」について

丹後王国「食のみやこ」は、2015年4月19日にできた、従来の道の駅とは全く異なる、西日本最大級の大きさの道の駅です。

新鮮な野菜や海産物がそろうマルシェスペース、海鮮や野菜、お肉など丹後の食材をふんだんに使ったレストランなど、丹後の本物の食材がお楽しみ頂けます。

また園内には60 頭以上の動物たちや、お子様から大人まで遊べる芝滑りやゴーカートなどのアトラクション、北近畿最大の約100万球のイルミネーション、また温泉付きのホテルまである【滞在型】の道の駅になっています。

丹後王国という名前や
お姫様がデザインされている理由

丹後には古くに「丹後王国」という名の地域国家が実在していたといわれています。また今も残る日本における稲作発祥の地や、日本の歴史上とても有名な七人の女性に所縁があったりと丹後は歴史に深い地域としても有名です。
特に彼女らは「丹後七姫」と呼ばれる丹後のシンボルになっており、今回「丹後王国」が1300年の時を超えてリニューアルする際に、丹後王国「食のみやこ」と一緒に丹後を発信しております。

そんな丹後の魅力をぎゅっとまとめた、丹後王国「食のみやこ」をお楽しみ下さい!

丹後王国「食のみやこ」